膿栓 臭い玉

膿栓(臭い玉、喉の奥から出る臭い塊)とは

咳をしたら喉の奥から白くて臭い塊がでることってありませんか?直径は数mm程度ですが、潰すと猛烈に臭いアレです。それは「膿栓」といいます。臭いに関するデリケートな現象でもあるため、家族や友人との間でおおっぴらに語られることがあまりありません。なので、「これって病気?」「口臭の原因じゃないのか?」など、一人で不安を抱えている人もいるでしょう。誰にも訊けないから、こっそりとネットで検索したりして…。

 

しかし、この膿栓ですが、見慣れてくると妙に親しみが湧くし、超くさい臭いもなぜか何度も嗅いでしまったりと、不思議な魅力があります。
膿栓は単なる嫌われ者ではなく、実は相当な数のファンがいます。喉の奥から膿栓を取るのが遊び感覚で面白いとか、指先に乗っけて飛ばしてみたり、写真に撮ってHPに載せたり、友人に臭いを嗅がせたり、遊び方のバリエーションは豊富です。

 

膿栓はできやすい人もいれば、いままで一度もできたことがないし見たこともないという人もいます。中には膿栓の存在を単なる都市伝説と思い込んでいる人もいます。
通常であれば、クサい膿栓などできない方が良いと考えるでしょうが、逆に膿栓ができない人はその魅力を知ることができない重大な機会損失に晒されていると言えます。気の毒に。

 

このHPは膿栓ってなに?という入門者の皆さんから、その存在を知っているものの何が楽しいのかわからないという初心者の皆さんに向けに制作しました。
このページだけではなくメニューにある個別ベージも読んでいただけると嬉しく思います。